ギャンブルでの借金は債務整理できるの?

ギャンブルでの借金は債務整理できるの?

ギャンブルでの借金は債務整理できるの?

債務整理には自己破産や任意整理、民事再生など様々な方法があります。
それぞれにメリット、デメリットがありますが、借金をすべてゼロにする自己破産にはある一定の条件があります。

 

自己破産の手続きは、免責許可の申立から始まり、免責許可決定を受け免責確定することにより終わります。

 

免責が確定することにより、借金がなくなり(返済の義務から免れる)ます。このときに、免責不許可事由というのがあります。この事由に該当する理由が借金の原因となっている場合は、免責が許可されません。

 

破産法252条1項に免責不許可事由が記載されています。

 

ここに「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。」と記載されています。射幸行為がギャンブルのことです。
つまり、ギャンブルが原因で作った借金は自己破産の免責は許可しないということです。
しかし、実際には借金の返済のために借金を重ねてしまい、挙句に首が廻らなくなってしまった。
今は、このような行いを深く反省し、ギャンブルからも遠ざかり健全な生活を取り戻すために身を粉にして働いている。
といった、反省の態度や更生した姿勢が見られれば許可される事例があります。

 

首が廻らなくなったからといって、安易に免責許可をしていたら、貸す方もたまったものではありませんし、身の丈を考えずに借りまくってサヨナラでは社会が崩壊してしまいます。
ギャンブルによる借金で自己破産ができないということは、原則論です。あきらめずに、弁護士や司法書士に相談してみることです。

借金解決のステップ

どの債務整理手段にするか?
債務整理には、いろいろな種類があります。
また、人それぞれ借金総額や収入など状況が違うため、自分に合った方法を見つけるのがとても大事なポイントです。
※まずはあなたに合った債務整理方法を見つけましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

どこに依頼するべきか?
⇒【必見!】弁護士事務所の失敗しない選び方