債務整理について法テラスとは何?※無料相談で早期解決

債務整理について法テラスとは何?※無料相談で早期解決

債務整理について法テラスとは何?※無料相談で早期解決

債務整理は借入分がいくらからできるのでしょうか。まず多重債務状態の場合は、まず債務整理は可能です。それ以外にも、返済額がその人の収入の3割以上を超えると、返済そのものが苦しくなり、返済計画の見直しをするか、それでもダメな場合は債務整理を行うかになります。
では弁護士に依頼する場合、弁護士料は大体いくらからになるのでしょうか。どの方法で債務整理を行うかにもよりますが、着手金と報酬を合わせて、大体任意整理で20万円から25万円、自己破産で30万円はかかると見ておくといいでしょう。弁護士の場合は、これに相談料が加算されます。相談料は、30分で5000円が相場で、1時間相談すると1万円という計算になります。従って、トータルで計算した場合は、もう少し金額が大きくなります。
無料で相談したい場合は、都道府県の弁護士会や法テラスを利用するといいでしょう。法テラスの利用の場合は、収入や資産の金額が一定以下の場合は、法律相談を無料で受けることが可能です。この基準はいくらから適用されるのかといいますと、1人当たりの手取り月収額が18万2000円以下の場合です。ただし、東京や大阪の場合は20万200円以下となります。
また、弁護士を通さずに債務整理を行うこともできます。自分で裁判所に申立を行い、調停委員会を通じて債権者と交渉をして、返済金額を決めるもので、これを特定調停といいます。経費が少なくてすむのが特徴で、大体数千円ほどです。定期的に裁判所に通うことができる場合は、この特定調停も選択肢に加えるといいでしょう。

借金解決のステップ

どの債務整理手段にするか?
債務整理には、いろいろな種類があります。
また、人それぞれ借金総額や収入など状況が違うため、自分に合った方法を見つけるのがとても大事なポイントです。
※まずはあなたに合った債務整理方法を見つけましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

どこに依頼するべきか?
⇒【必見!】弁護士事務所の失敗しない選び方