債務整理と連帯保証人の負担について※借金返済は無料相談

債務整理と連帯保証人の負担について※借金返済は無料相談

債務整理と連帯保証人の負担について※借金返済は無料相談

債務整理を行うと、少なからず連帯保証人に影響を及ぼします。債権者が連帯保証人に請求できる権利を有する限りは、全く迷惑をかけずに手続きを行うことなどできないのです。
債務整理のうち、任意整理と特定調停なら、連帯保証人に迷惑をかけずに一部の債務に対してのみ手続きを行うことが可能です。この一部というのは、連帯保証人のついている債務を対象から外すという意味です。中には減額してもらえる額の大きさを考えて連帯保証人のついている債務も債務整理対象に含めたいというケースもありますが、その場合は連名による手続きを行うことで請求がまわらないようにすることができます。特定調停の場合には、裁判所への申立の際に保証人を関係債務者として記載しておきます。任意整理の場合には、連帯保証人も一緒に代理依頼する委任状を書いて弁護士に任せます。
深刻な影響を与えてしまうのが、個人再生や自己破産です。どちらも全ての債務に対して手続きを行うものですので、都合良く一部を外すことはできません。債権者は回収できなくなった額をそのまま連帯保証人に請求でき、一括請求による強制執行を拒否することはできません。特定調停を行えば強制執行は止めることができますが、その後は減額された債務を支払わなければなりませんので、多大な迷惑をかけてしまいます。
このように、個人再生や自己破産では保証人に迷惑をかけてしまいますので、なるべくなら任意整理や特定調停で解決を図るべきです。

借金解決のステップ

どの債務整理手段にするか?
債務整理には、いろいろな種類があります。
また、人それぞれ借金総額や収入など状況が違うため、自分に合った方法を見つけるのがとても大事なポイントです。
※まずはあなたに合った債務整理方法を見つけましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

どこに依頼するべきか?
⇒【必見!】弁護士事務所の失敗しない選び方