債務整理すると今後の生活‐デメリット・メリット‐※無料相談

債務整理すると今後の生活‐デメリット・メリット‐※無料相談

債務整理すると今後の生活‐デメリット・メリット‐※無料相談

債務整理とは、簡単にいうと借金がかさんで返済が難しくなってしまった状態を何とかすること、と言い換えることができるかもしれません。経営していた会社が傾いてしまって倒産してしまったり、借金が膨らんでしまう理由というものは様々な事柄が考えられます。もちろん借金をしないことが一番なのですが、住宅ローン程度の借金であれば日本国民の大多数が申し込みをするわけですから、切っては切れない問題であるともいえるのではないでしょうか。
債務整理すると、次の3種類のいずれかの方法をとることになります。
まずは任意整理。これは今後の金利の支払いをなくし、毎月の返済額や借金総額を減額するとともに、一部の債務に絞って返済していくことで債務を整理することです。借り入れの内容によっては過払い金が発生しており支払いすぎた利息が戻ってくるケースもあります。
次に民事再生。これは裁判所に申請を行って借金の返済が困難であること証明および認めてもらうことで、借金を減額したうえで3年間の間に分割で少しずつ返済していく方法です。だいたい1/5から1/10に債務を減額することができます。
そして最後に自己破産。これは現在所有している財産をすべて手放すことになりますが、それにより返済できない分の借金の返済義務はなくなり、新たなスタートを切ることができる制度です。
しかし、その後は各種ローンが組めなかったりと影響も大きいのです。
債務整理するとその後の生活は楽になるかもしれませんが、生活や周りの関係者に与える影響は大きく、債務整理するとその後は住居や生活環境を変更しなければならなくなるなどの影響がでてしまいます。

借金解決のステップ

どの債務整理手段にするか?
債務整理には、いろいろな種類があります。
また、人それぞれ借金総額や収入など状況が違うため、自分に合った方法を見つけるのがとても大事なポイントです。
※まずはあなたに合った債務整理方法を見つけましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

どこに依頼するべきか?
⇒【必見!】弁護士事務所の失敗しない選び方