債務整理とは?借金整理!※失敗しない弁護士の選び方

債務整理とは?借金整理!※失敗しない弁護士の選び方

債務整理とは?借金整理!※失敗しない弁護士の選び方

債務整理と一口にいっても任意整理や個人再生、自己破産など様々な方法があります。いずれにせよ保証人に対して内緒で債務整理を行うことは難しく、特約などが結ばれていない限りは債務者は保証人に対して返済を請求します。このため保証人、もしくは連帯保証人がついている場合にはこれらも含めて債務整理をする必要が出てきます。ただしあらかじめ債権者側から借り入れを行う側に保証人と連帯保証人について詳しい説明を行わなかった場合には100万円以下の罰金が債権者には課せられることになっています。
当たり前ですが、知らないうちに保証人や連帯保証人にされていた場合には返済義務が発生しません。貸金業法と呼ばれる法律により守られています。債権者側は借り入れを行った本人が返済できなかった場合に保証人に請求しなければならないといった法律はないものの、借り入れを行う本人が借金を返済できない場合の保険として保証人の登録を求めているので借金の返済が不能と分かればほぼ確実に保証人側に請求がいきます。
これは任意整理などの比較的軽い債務整理であってもいえます。保証人の場合、任意整理の場合と特定調停の場合は借り入れを行った本人が請求する債権者を選ぶことができるものの、連帯保証人のいる債務の場合には不可能です。債務整理を行う債務者は複数の業者から借り入れを行っている場合も少なくありませんが、この場合にはどの業者の借り入れ額を減らすか債務者本人が決めることが可能です。
もちろん連帯保証人への請求は任意整理の対象となる業者側からしか請求されません。

借金解決のステップ

どの債務整理手段にするか?
債務整理には、いろいろな種類があります。
また、人それぞれ借金総額や収入など状況が違うため、自分に合った方法を見つけるのがとても大事なポイントです。
※まずはあなたに合った債務整理方法を見つけましょう!

⇒無料シミュレーターはこちらから

どこに依頼するべきか?
⇒【必見!】弁護士事務所の失敗しない選び方